"Martin Schoeller: Close"
Martin Schoeller(マーティン・ショーラー)
Steidl 2018 ハードカバー

◆Amazon.co.jpで購入(予約)可能です◆
参考価格:9,885円(税込み)
*送料に関しては、Amazon.co.jpヘルプデスクをご覧下さい。
*価格は為替レート等の変動により変更されますので
Amazon のこの本のページでご確認下さい。


◆写真集解説◆

マーティン・ショーラー(1968-)は、ドイツ・ミュンヘン出身の写真家。巨大サイズのクローズ・アップのポートレート写真で知られています。彼は20世紀写真の巨匠アウグスト・ザンダー、タイポロジー(類型学)の作品のベッヒャー夫妻に多大な影響を受けます。1993〜1996年までショーラーは、アニー・リーボヴィッツのアシスタントを務めました。
その後は独立して、ストリートで出会った人々のポートレート写真を撮影。彼のインパクトのある作品は次第に認められるようになり、特に1998年以降は"ローリング・ストーン"、"GQ"、"エスクァイア"などで雑誌の仕事を行います。1999年には、リチャード・アヴェドンとともに雑誌ニューヨーカーのポートレート専属写真家となります。その後、デジタル技術を活用し、巨大サイズのポートレート写真を開始。彼の写真では余計な部分がすべてそぎ落とされ、残されるのは被写体のフォルムと光 だけです。有名人と市井の人々を同等に扱い、両者を同じ舞台で取り扱うことで、見る側が持つ有名人の既成概念を揺さぶります。ポートレート写真の世界で、新しいスタイルとヴィジョンを推し進めている類まれな写真家です。いまでは、彼の作品は世界中の美術館で展示、コレクションされています。

本書では、世界で最も有名なアート、エンターテイメント、スポーツ、政界、実業界の人々のポートレート写真約120点を収録。それには、ジュリア・ロバーツ、アデル、フランク・ゲーリー、マリーナ・アブラモヴィッチ、バラク・オバマ、ジュリアン・アサンジ、ロジャー・フェデラーなどが含まれます。表紙はテイラー・ スウィフト。ショーラーは、これらを2005年から2018年にかけて撮影。彼は"見る側の持つ、セレブリティーの既存の概念、価値、誠実さを揺さぶるための水平なプラットフォームを創作したい"と語っています。彼はこの目的達成を、被写体を技術的に全く同じに扱うことで可能だと認識しています。それは、それぞれのポートレートで、全く同じアングルと照明による顔のクローズアップ撮影を行うこと。この表現は一貫してニュートラル。そして、真剣だがリラックスしています。被写体の違いをほぐしだし、ポーズをとらない親しみのある瞬間をとらえる試みなのです。ショーラーは本書のアイデアをベッヒャー夫妻の給水塔のタイポロジー・シリーズから得ています。同じアプローチをポートレート写真に取り入れようとしたのです。本書には有名人と共に無名の人の作品も含まれます。これは"現代の非公式な人類学的研究"のような包括的なプロジェクトへの取り組みを意味するのです。

ハードカバー: 136ページ、サイズ 27.9 x 35.6 cm、多数の画像を収録。

出版社のページ

 


当サイトでは出来る限り正確な情報収集を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
提供している写真集等の販売価格、割引率、在庫等の情報は、後日変更されることがありますのでご注意ください。
最新の詳しい情報はリンク先企業のサイトで直接ご確認下さい。

写真集ガイド
アート・フォト・サイトのホームへ


(C)Copyright 2018 Blitz International All rights reserved