"Vivian Maier: Street Photographer"
Vivian Maier (ヴィヴィアン・マイヤー)
powerHouse Books 2011 ハードカバー

◆Amazon.co.jpで購入可能です◆
参考価格:3,503円(税込み)
*送料に関しては、Amazon.co.jpヘルプデスクをご覧下さい。
*価格は為替レート等の変動により変更されますので
Amazon.co.jpのこの本のページ でご確認下さい。


◆写真集解説◆

ヴィヴィアン・マイヤー(1926-2009)は21世紀になり再発見された米国人アマチュア写真家です。2007年にシカゴの歴史家ジョン・マーロフが発見するまで、彼女の写真の存在は全く知られていませんでした。死後に彼女の質の高いストリート写真は高く評価されるようになり、欧米で数多くの写真展が開催されました。

マイヤーのキャリアの全貌はいまでも謎に包まれています。1926年ニューヨーク生まれ、50年代から約40年間に渡り主にシカゴで育児教育の専門知識を持つナニーの仕事をしていました。一生独身で、親しい友人もなく、撮った写真を誰にも見せなかったそうです。彼女はアマチュア写真家として、50年代〜90年代にかけて約10万にもおよぶ写真をフランス、ニューヨーク、シカゴで撮影。カメラは主に2眼レフのローライフレックスを愛用していました。彼女の写真には、戦後アメリカの都市生活のリアルなイメージが高いレベルの、美しさ、感動、ユーモラスさを持って表現されています。
また、リゼット・モデル、ヘレン・レビット、ダイアン・アーバス、アンドレ・ケルテス、ウォーカー・エバンスなどの影響が見てとれます。ストリート写真家は、細部を見つめる目線、光と構図、完璧なタイミング、ヒューマニストの視点、シャッターチャンスを逃さないタフさ、など数多くの素養が求められます。特別な写真教育を受けていないマイヤーがそれらをすべて持っていたのは驚くべきことです。当時の繁栄するアメリカの華やかな部分以外に、子供、黒人、低所得者、浮浪者などのダークサイドにカメラを向けていた点も評価されています。

本書は彼女のキャリアを一般に紹介する待望の写真集です。
ハードカバー、約136ページ、サイズ25.9 x 1.9 x 28.6 cm、
50〜60年代にニューヨーク・シカゴで撮影されたモノクロ約100点を収録。

出版社のウェブサイト

 


当サイトでは出来る限り正確な情報収集を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
提供している写真集等の販売価格、割引率、在庫等の情報は、後日変更されることがありますのでご注意ください。
最新の詳しい情報はリンク先企業のサイトで直接ご確認下さい。

写真集ガイド
アート・フォト・サイトのホームへ


(C)Copyright 2012 Blitz International All rights reserved