"Hiroji Kubota Photographer"
Hiroji Kubota(久保田博二)
Aperture 2015 ハードカバー

◆Amazon.co.jpで購入可能です◆
参考価格:9,0554円(税込み)
*送料に関しては、Amazon.co.jpヘルプデスクをご覧下さい。
*価格は為替レート等の変動により変更されますので
Amazon.co.jpのこの本のページ でご確認下さい。


◆写真集解説◆

久保田博二(1939-)のキャリアは、1961年に来日したルネ・ブリ(Rene Burri)、バート・グリン(Burt Glinn)、エリオット・アーウイット(Elliott Erwitt)のアシスタントを勤めたことから始まります。1965年に世界的な写真家集団マグナム・フォトに参画。その後、約50年以上にわたり世界中を旅してドキュメントを続けてきました。1960年代中ごろのブラックパンサー党(Black Panther Party)、1975年のサイゴン陥落、北朝鮮の取材報道など、世界中の多様な文化の歴史を数多く撮影しています。彼の撮影姿勢は、第二次世界大戦終了後の破壊と飢饉によって荒廃した日本での経験に根ざしており、人間の経験の中に美と尊厳を見出そうとしているのが特徴です。

本書は、この偉大な日本人写真家のキャリアを本格的に振り返る初の回顧写真集です。 中国、ビルマ、韓国、北朝鮮、米国、日本などで撮影された代表作が収録されています。

ハードカバー: 511ページ、サイズ 30.5 x 23.9 x 4.8 cm、約400点のモノクロ・4点のカラー図版を収録。

(マグナムのウェブサイト掲載の写真家のプロフィール)
早稲田大学政経学部を卒業後、写真家を志し渡米。 ニューヨーク、シカゴに6年間滞在し、68年に帰国。1969年復帰前の沖縄を集中取材。1970年講談社出版文化賞受賞。1975年にはサイゴン陥落を取材。これを機に、ビルマ、朝鮮民主主義人民共和国、中国の長期取材を始めるなど「アジア」の撮影を本格的にはじめる。1981年日本写真協会年度賞。
1985年には、7年間の中国取材を終了。中国全省を撮影する。これらは写真集として世界中で出版。 写真展も米国、ヨーロッパ諸国、中国など世界の代表的な美術館で開催され極めて高い評価を得た。1983年度、毎日芸術賞を受賞。
1988年末より92年にかけてアメリカ合衆国全州を取材。写真集「アメリカの肖像」として全世界で出版。この写真展は、アメリカを皮切りに、日本、アジア、ヨーロッパなど世界各地で開催。1997年より写真展「Out of the East」が世界規模で巡回。同写真集も出版される。
1999年写真集及び写真展「アジアと食料」を完成。写真展は、ニューヨーク国連本部、フィレンツェのベッキオ宮殿など数カ国で開催された。
2000年から4年の歳月をかけ日本各地を取材。2005年2月、写真集「JAPAN」出版。
65年よりマグナムに参画。86年より正会員。 在小田原。

マグナムのウェブサイト
http://www.magnumphotos.co.jp/ws_photographer/kuh/

出版社のページ


当サイトでは出来る限り正確な情報収集を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
提供している写真集等の販売価格、割引率、在庫等の情報は、後日変更されることがありますのでご注意ください。
最新の詳しい情報はリンク先企業のサイトで直接ご確認下さい。

写真集ガイド
アート・フォト・サイトのホームへ


(C)Copyright 2016 Blitz International All rights reserved