"Fred Herzog: Modern Color"
Fred Herzog(フレッド・ヘルツォーク)
Hatje Cantz Pub 2017, ハードカバー

◆Amazon.co.jpで購入可能です◆
参考価格:4,679円(税込み)
*送料に関しては、Amazon.co.jpヘルプデスクをご覧下さい。
*価格は為替レート等の変動により変更されますので
Amazon.co.jpのこの本のページでご確認下さい。


◆写真集解説◆

フレッド・ヘルツォーク(1930-)はドイツ出身の写真家。1953年にカナダのバンクーバーに移り住んでいます。医療関係の写真撮影を本業としつつ、主に余暇にカナダ西海岸の都市部を撮影してきました。彼は、モノクロ写真がドキュメンタリーやアート表現の中心だった時代から、カラーでパーソナル作品の制作に取り組んでいます。
1935年に導入されたコダクローム・フィルムは、長らくアマチュア写真家が自宅でスライドショーを楽しむものと考えられていました。しかしヘルツォークは、カラーフィルムの現像の便利さとともに、表現するカラーの細部、質感、空気感に魅了されたのです。
ヘルツォークの好んだのは新聞などには載らない被写体でした。それらは、ストリート風景、歩道、店舗のショーウィンドーのディスプレイ、広告、駐車場、中庭など。時に普段は通行人で賑わっている場所の人気の消えた瞬間などを撮影しています。彼の作品は、被写体が気付かない小型カメラで撮影されているのが特徴。コダック・レチナーや、ライカM3を駆使して純粋でリアルな人々の生活を表現しています。彼はコダクロームのスライドにこだわり約50年以上にわたり撮影を続けてきました。スライドからのファイン・プリント制作が困難だったことから、作品展示の機会には恵まれませんでした。しかし最近のデジタルの技術進歩によりやっとスライドの持つ色の美しさと彩度がピグメント・プリントで再現できるようになります。
彼は長らく無名でしたが、作品展示がきっかけになり再評価されるようになります。特に2007年にバンクーバー美術館で行われた回顧展以来、作品が写真集化されて広く注目されるようになります。いまでは写真史的にもシリアス・カラー写真の先駆者の一人だと言われています。

本書には、多くの未発表作を含む約230点を収録。移住者の視点により50年代から80年代までのカナダのストリート・ライフのストーリーが語られています。
ハードカバー: 319ページ、サイズ  27.2 x 2.5 x 26.9 cm、約230点のカラー図版を収録。 

出版社のページ

作家オフィシャルサイト

取り扱いギャラリーが公開しているポートフォリオ


当サイトでは出来る限り正確な情報収集を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
提供している写真集等の販売価格、割引率、在庫等の情報は、後日変更されることがありますのでご注意ください。
最新の詳しい情報はリンク先企業のサイトで直接ご確認下さい。

写真集ガイド
アート・フォト・サイトのホームへ


(C)Copyright 2017 Blitz International All rights reserved