"Robert Frank: Leon of Juda"
Robert Frank(ロバート・フランク)
Steidl; Slp版 ペーパーバック

◆Amazon.co.jpで購入可能です◆
参考価格:3,649円(税込み)
*送料に関しては、Amazon.co.jpヘルプデスクをご覧下さい。
*価格は為替レート等の変動により変更されますので
Amazon.co.jpのこの本のページ でご確認下さい。


◆写真集解説◆

ロバート・フランク(1924-)は、50年代の繁栄する米国のダークサイドをパーソナルな視点で撮影し、写真集"The Americans"(1958年刊)にまとめます。 同書は、ウィリアム・クラインの"New York - Life is Good and Good For You in NY"(1956年刊)とともに現代写真のルーツといわれています。 60年代にかけて、フランクは写真から映画に活動の中心を移します。その後、1970年代になり再びポラロイドカメラでモノクロ写真を 撮影するようになります。

本書は、近年にフランクがずっと続けている、ヴィジュアル・ダイアリー・シリーズの最新刊。 彼は、同シリーズをキャリアにおける代表作と現在のパーソナル作品を融合させて制作しています。 いままでに、"Tal Uf Tal Ab"(2010年刊)、"You Would" (2012年刊)、"Park / Sleep" (2013年刊)、 "Household Inventory Record"(2013年刊)、"Partida" (2014年刊)、 "What We Have Seen"(2016年刊)などが、フォトブック作りに定評があるSteidl社から刊行されています。
本書には、ニューヨーク・マンハッタンのブリーカー・ストリートにある自宅でのスティル・ライフ写真、ノヴァスコシアのマボウの家周辺の風景写真、 友人、仲間、奥さんジュン・リーフ(June Leaf)の自然なポートレート写真、ヴィンテージ・ポストカードなどが収録されています。 彼は、これらのヴィジュアルをカジュアルにレイアウトして、個人的なアルバムやスクラップ・ブックのようなフォトブックを作り上げています。 本書は、控え目かつ野心的に、過去がフランクの現在をどのように和らげ、またどのように彼の人生がフォトブックで記述されるとともに、 形作られるかを提示しています。

ペーパーバック: 52ページ、サイズ 20.3 x 1.3 x 24.8 cm、約43点の図版を収録。

出版社のページ

ロバート・フランクのプロフィールも紹介しています。こちらもご覧下さい。




当サイトでは出来る限り正確な情報収集を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
提供している写真集等の販売価格、割引率、在庫等の情報は、後日変更されることがありますのでご注意ください。
最新の詳しい情報はリンク先企業のサイトで直接ご確認下さい。

写真集ガイド
アート・フォト・サイトのホームへ


(C)Copyright 2018 Blitz International All rights reserved