"Sally Mann: A Thousand Crossings"
Sally Mann(サリー・マン)
Harry N. Abrams Inc 2018 ハードカバー

◆Amazon.co.jpで購入可能です◆
参考価格:6,321円(税込み)
*送料に関しては、Amazon.co.jpヘルプデスクをご覧下さい。
*価格は為替レート等の変動により変更されますので
Amazon のこの本のページ でご確認下さい。


◆写真集解説◆

サリー・マン(1951-)は米国ヴァージニア州レキシントン出身の写真家。約40年以上にわたり、主に地元アメリカ南部で、ポートレート、静物、風景などをテーマに、実験的で、忘れがたく美しく、哀愁的な作品を制作してきました。自らの幼い子供たち、夫などを撮影した親しみのあるファミリー・ポートレートは、物語性を持つ美しいモノクロ写真によるアメリカの家族写真だと、高く評価されています。
代表作に、全て10歳未満だった3人の子供の日常を撮影した"Immediate Familly" (1992年)や、 "At Twelve: Portraits of Young Women"(1988年)などがあります。

本書は、ワシントンD.C.のナショナルギャラリーと、マサチューセッツ州セイラムのピーボディ・エセックス博物館の企画により、2018年3月から全米を巡回する写真展開催に際して刊行。同展では、彼女の作品が南部との関係でどのように形成されてきたかを探求しています。未発表作を含む作品群で、彼女の作家としての業績の概要を提示するとともに、南部の彼女の作品への継続的な影響に注目しています。彼女の力強く挑発的な作品は"family"、"landscape"、"battlefields"、"legacy"、"mortality"の5つのセクションで紹介。 キュレーターによる収録エッセーでは、マンのアート作品の展開、家族写真、文化的かつ個人の記憶の宝庫としての景色、19世紀写真とテクニックからの影響、などを探求しています。

ハードカバー: 320ページ、サイズ 27.9 x 3.8 x 29.8 cm、約230点のモノクロ図版を収録。


当サイトでは出来る限り正確な情報収集を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
提供している写真集等の販売価格、割引率、在庫等の情報は、後日変更されることがありますのでご注意ください。
最新の詳しい情報はリンク先企業のサイトで直接ご確認下さい。

写真集ガイド
アート・フォト・サイトのホームへ


(C)Copyright 2018 Blitz International All rights reserved