"Luigi Ghirri: It's Beautiful Here, Isn't It... "
Luigi Ghirri(ルイジ・ギリ)
Aperture 2018 2nd Printing ハードカバー

◆Amazon.co.jpで購入可能です◆
参考価格:5,774円(税込み)
*送料に関しては、Amazon.co.jpヘルプデスクをご覧下さい。
*価格は為替レート等の変動により変更されますので
Amazon のこの本のページでご確認下さい。


◆写真集解説◆

ルイジ・ギリ(1943-1992)はイタリア・レッジョ・エミリア出身。 豊富で多彩なキャリアを持つ写真家、作家、キュレーターです。本書は2008年にAperture社から刊行され長らく絶版だった、彼のキャリアを本格的に紹介する初の英語版写真集の待望の再販です。
ギリは、1970年頃からカラーのスナップ的作品を制作開始。 アジェ、ウォーカー・エバンス、リー・フリードランダー、ウィリアム・エグルストンらの影響を受けています。1980年以降は主に建築とイタリア風景をテーマに撮影。地元イタリアでは有名な写真家でしたが、若くして亡くなったことから世界的な知名度はあまり高くありませんでした。 彼は、米国でニュー・カラーやニュー・トポグラフィクスの運動が登場する以前から、同様の感覚の写真を撮影していました。また、全ての分野のアートに興味を持ち、静物画で知られる画家ジョルジョ・ モラ
ンディや建築家アルド・ロッシとも共同に仕事を行っています。彼の非常に多彩な作品は写真家マーティン・パーやオリヴォ・バルビエリなどに影響を与えるとともに、展覧会キュレーターとしても才能を発揮しています。

本書では、ウィリアム・エグルストンが前文エッセーを担当。「私は彼の写真の多様性にいつも驚かされ、興奮させられる。とても一人の写真家が撮影したとは思えない時すらある。それはテーマごとの違いというよりも写真自体の全ての発想が違うのだ。時にとても絵画的な彼の色使いと感情移入できるところが好きだ」と述べています。 本書には、いままに英文で発表されたエッセーと年代表のセレクションが含まれています。

ハードカバー、約152ページ、サイズ28.4 x 22.4 x 2.3 cm、カラー図版約95点、
イラストレーション30点を収録。

出版社のこの本のページ


当サイトでは出来る限り正確な情報収集を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
提供している写真集等の販売価格、割引率、在庫等の情報は、後日変更されることがありますのでご注意ください。
最新の詳しい情報はリンク先企業のサイトで直接ご確認下さい。

写真集ガイド
アート・フォト・サイトのホームへ


(C)Copyright 2018 Blitz International All rights reserved