内藤正敏 異界出現

東京都写真美術館(恵比寿)Square_wht_Right.png

内藤正敏は、1938年東京都生まれ。早稲田大学理工学部で化学を専攻しますが、フリーの写真家となりました。初期は宇宙・生命をテーマとした「SF写真」に取り組み、25歳で即身仏に出会ったことをきっかけに、羽黒山伏の入峰修行に入りました。60年代後半から80年代にかけて、主に東北地方で民間信仰の現場に取材した〈婆バクハツ!〉〈遠野物語〉など刺激的な写真シリーズを次々と発表。また、多数の研究書・論文を発表する民俗学者でもあり、元・東北芸術工科大学大学院教授、東北文化研究センター研究員を努めています。
本展では、〈婆バクハツ!〉〈コアセルべーション〉などの主な写真シリーズからの作品を展示し、50年を超える足跡と、その表現に通底する独自の世界観、生命観を紹介します。

開催情報
5月12日(土)~7月16日(月祝)
10:00~18:00、木金は20:00まで
入館は閉館30分前まで
休館日
毎週月曜日、ただし、7/16は開館
入場料
一般700円、学生600円、中高生・65歳以上500円




guide273.jpg

Art Photo Site では出来る限り正確な情報掲載を心がけておりますが、諸事情により掲載情報が事実と異なる事もあります。
最新の詳しい情報は開催者に直接ご確認下さい。