Flora

Harry N. Abrams, 2001

Nick Knight(ニック・ナイト)


パンク・ムーブメント後のイギリスで生まれた、デザインとファッション分野 でのサブカルチャーは「I.D」、「ブリッツ」や「ザ・ファイス」などの新しいタイプのファッ ション雑誌を生み出しました。ニック・ナイトはこれらの雑誌に作品を発表しながら評価を国際的に高めていった写真家です。彼の色彩とグラフィックデザインを協調させるファッション写真のス タイルはアーウィーン・ブルメンフェルドと良く似ています。

この写真集はその彼が植物標本に色とフォルムの新しい美を見出した快作です。 モチーフになったのは大英帝国時代から収集され、ロンドンの自然史博物館に収蔵されている 押し花や押し葉です。 彼にとって3年半にもおよんだ植物標本のセレクションが大作業でした。サンプル数は600万にもおよび、まず約1000種類が選ばれ撮影され、最終的にベストの46点が選ばれています。
白バックから浮かび上がる鮮明なイメージはまるでページの中に実物があるかのような美しさです。博物館キュレーターのサンドラ・ナップの植物の採取地、歴史、人類の利用法などの 詳しい解説も評判です。写真、グラフィックデザイン、解説が三位一体となった美しい写真集です。

ニック・ナイト プロフィール