California Trip

Anthology Editions, 2019

Dennis Stock (デニス・ストック)


デニス・ストック(1928-2010)は、フォト・エッセーで知られるニューヨーク市出身の米国人写真家。1951年以来、マグナム・フォトスに所属しています。彼の作品ポートフォリオは非常に幅広い分野に渡っています。それらには、カウンターカルチャー・ムーブメント、ビリー・ホリデイやデューク・エリントンなどのジャズ・シーン、自然、都市の建築、花の抽象美、有名人のポートレートなどが含まれます。特に1955年のライフ誌に掲載された、雨のタイムズ・スクエアーで撮影されたジェームス・ディーンの写真は有名です。
1968年、アメリカは政治、文化、社会の大変革期でした。デニス・ストックは、同年に約5週間にわたるロードトリップを米国の革新と変化の中心地であるカリフォルニア州で敢行。セミ・ヌード、素朴かつロマンチックに乗馬してポーズをとる長髪のカップル、ビーチ、ハイウェイ、自然風景などの数多くの神秘的に感じさせられるイメージなど、当時に進行していいた眩いヒッピーや自由恋愛などのカウンターカルチャー・ムーブメントを撮影します。彼のカリフォルニアの作品は「California Trip」(Penguin Books、1970年刊)として刊行されます。しかし、同書が長らく絶版でレアフォトブックとして古書市場で高額で取引されていました。

本書は1970年以来約50年ぶりの、待望の再版となります。
ペーパーバック: 192ページ、サイズ 24.8 x 1.9 x 31.1 cm、
約100点の図版を収録。

出版社のウェブサイト