Arthur Elgort: Ballet

Steidl, 2020

Arthur Elgort(アーサー・エルゴート)


アーサー・エルゴート(1940-)は、米国を代表するファッション写真家の一人です。医科大学卒業後、カーネギーホールで案内係として働きながら 写真家を目指して付属のダンススクールでバレエダンサーの写真を撮りはじめました。デビューは1971年のヴォーグ英国版。彼の撮影スタイルは、ジャズとバレエに多大な影響を受けています。モデルの動きと自然光を強調したスナップショット的なファッション写真はとても斬新で、当時の業界にセンセーションを巻き起こします。その後、各国版のヴォーグ、インタビュー、GQ、ローリングストーンなどの一流誌で活躍するとともに、シャネル、ヴァレンテイノ、イブ・サンローランなどの広告キャンペーを手がけています。1993年に写真集"モデルス・マニュアル(ARTHUR ELGORT'S MODELS MANUAL)"を刊行。 スーパーモデル・ブームに乗り世界的ベストセラーとなります。

約40年以上に渡り、ファッション/ポートレート写真の第一線で活躍し続けている巨匠エルゴート。彼の最大の特徴である、動きのあるファッション写真の原点はバレエ作品にあるのです。
本書では、エルゴートはバレエの舞台上ではなく、普段は過酷な練習が行われている舞台裏のシーンを私たちに垣間見せてくれます。ニューヨーク・シティ・バレエ団やロシア国立ワガノワ・バレエ・ アカデミーをはじめとする世界有数のバレエ学校の廊下やリハーサル場で撮影された作品を通して、バランシン、バリシニコフ、ロパートキナなどのバレエ界の伝説的人物たちの未公開映像を見ることができます。私たちは同時に、自分の技術を完成させるために努力しているダンサー個人たちの自然体の魅力を目の当たりにします。
それらの静かな写真の中には、プリマ・バレリーナの完璧さはもはや消え去っています。
エルゴートのスナップショット的スタイルは、世界で最も愛されているダンス表現の苦しみと喜びを、美しさとともに表現しています。

ハードカバー: 168ページ、サイズ 24.6 x 2 x 31 cm、
約114点の図版を収録。

出版社のウェブサイト

アーサー・エルゴート プロフィール