Annie Leibovitz: Wonderland

Phaidon Press, 2021

Annie Leibovitz(アニー・リーボビッツ)


アニー・リーボビッツ(1949-)は、洗練されたアイデアで作り出される有名人ポートレート写真で知られる現代アメリカを代表する女性写真家。
「Wonderland」は、彼女の約50年にわたるファッションとの出会いを記録したものです。彼女は「自分の作品を振り返ってみると、ファッションはいつもそこにあった」と序文で語っています。そして「ファッションはすべてのスキームの中で重要な役割を果たしていますが、私にとっては常に写真が第一です。写真は最も重要な部分です。写真とは、ジャーナリズム、ポートレート、ルポルタージュ、家族写真などを包括する、とても大きなものなのです。そしてファッション... ヴォーグでの仕事は、私が他の方法では探求しなかったかもしれない種類の写真への情熱的な創造力を発揮させてくれました」と続けています。

本書には多くの未発表作を含む約350点の素晴らしい写真作品を収録。また被写体は、ニコール・キッドマン、セリーナ・ウィリアムス、ピナ・バウシュ、ケイト・ブランシェット、レディー・ガガ、マシュー・バーニー、ケイト・モス、ナタリア・ヴォディアノヴァ、リアーナ、チママンダ・ンゴズイ・アディーチエ、カール・ラガーフェルド、ナンシー・ペロシなど、非常に多岐の分野にわたります。
序文はヴォーグ誌米国版の編集長を務めたアナ・ウィンターが担当しています。

ハードカバー ‏ : ‎ 448ページ、サイズ‎ 25 x 3.7 x 29 cm、
300点を超える図版を収録。

アニー・リーボビッツ プロフィール