Edward Weston:
The Last Years in Carmel

Art Inst of Chicago Museum Shop, 2001

Edward Weston(エドワード・ウェストン)


2001年にシカゴ美術館(The Art Institute of Chicago Museum)で開催された、ウェストン晩年期に焦点が当てられた写真展に合わせて発行された写真集です。 1938~1948年に撮影されたイメージは彼のフォーマリストのスタイルが変化していることを感じさせてくれます。海岸のイメージは以前と違う視線で捉えられています。 海岸フォルムや静物のディテールにあった関心が、地平線の眺めや水の動きに移っています。

ハードカバー144ページの中に3色印刷による75点、2色印刷の25点のイメージが収録されています。 ウェストンのこの時期の生活と仕事を分析したシカゴ美術館の専門家デビッド・トラビス氏の解説も収録されています。

エドワード・ウェストン プロフィール