Allure

Bulfinch, 2002

Diana Vreeland(ダイアナ・ブリーランド)著


長年に渡ってハーパース・バザー誌、ヴォーグ誌で活躍した 伝説のエディター、ダイアナ・ヴリーランド(1906-1989)。 彼女の美意識がAllure(魅惑)と感じるイメージをホルスト、ド・メイヤー、 ビートン、ペンスタイケンらのファッション写真などから コレクションして1冊にまとめた写真集です。1981年に初めて刊行された同タイトルの写真集は 編集ものにかかわらず人気が高く、古書市場で非常に高価なことで知られています。

ダイアナ・ヴリーランドはフランス、パリ生まれ、8歳の時にニューヨークに 移住しています。当初は結婚生活を送っていましたが、 1937年にハーパース・バザー誌に入社。1939年から約25年間 ファッションエディターとして活躍しています。1962年にヴォーグに移籍 して編集長を1971年まで務めています。キャリア全般に渡って多くのデザイナー、モデル、写真家の才能を 見出し、また奮起させることでファッション業界に多大な影響を与えてきました。 1971年にメトロポリタン美術館の衣装部門のコンサルタントに就任し ファッションとスタイルに関わる各種展覧会を演出しました。
Visionaireの#37"Vreeland Memo"は彼女の仕事をとりあげたもの。また、ゴージャスなパリの1910~1930年代の有名デザイナーの衣装を撮影したアービング・ペンの写真集"INVENTIVE PARIS CLOTHES 1909-1939"の解説は、ダイアナ・ヴリーランドによるものです。