Man Ray's Montparnasse

Harry N. Abrams, 2001

Man Ray(マン・レイ)


二つの世界大戦の合間の1920年~30年代のパリのモンパルナスは多くの著名芸術家や文化人があふれ芸術表現の実験、社会変革、悪名高い事件などが起きる 場所として知られていました。 アーティスト、写真家として知られるパリのアメリカ人マン・レイはこの時代にレイヨグラムなどの作品を制作したことで有名です。 彼は作品制作の一方でカフェ、芸術家のアトリエ、作家の仕事場などに出入りして、アーティスト達を親しみのある視点でドキュメントしていました。 マン・レイの写真を通して、いまや伝説となった芸術の都パリの当時の雰囲気を知ることができます。

マン・レイ プロフィール