In Response to Place: Photographs from The Nature Conservancy's Last Great Places

Bulfinch, 2001

The Nature Conservancy(著)


ザ・ネイチャー・コンサーバンシー(The Nature Conservancy) は1951年設立の会員数、資金力において米国最大の自然保護NGOです。
この写真集に収録されているのは"Last Great Places"よばれる北南米、カリブ、太平洋地域、アジアの約200ヶ所の生物学的に豊かな景観を持つ主要保護地区です。 設立50年を記念してザ・ネイチャー・コンサーバンシーが分野の異なる有名現代写真家12人にそれら地域の中で写真家本人が一番気になる場所の撮影を依頼したものです。 アーティーストが選んだ場所は、ユタ州の岩の平原、ニューヨークの森林、インドネシアのサンゴ礁など。またモチーフも植物、人間、動物など様々です。 アニー・リーボビッツ、リチャード・ミズラック、サリー・マン、ウィリアム・ウェグマン、リー・フリードランダー、マリー・エレン=マーク、リン・デイビスらの 未発表作品が収録されています。同名の写真展が現在、全米を巡回中。ブラジル、日本にも巡回予定があるそうです。出品作家のプロフィールや撮影イメージは以下の ザ・ネイチャー・コンサーバシーホームページでご覧いただけます。

◎参加写真家、撮影場所
Annie Leibovitz, Shawangunk Mountains, New York
Richard Misrach, Pyramid Lake and Lahontan Valley Wetlands, Nevada
Sally Mann, Calakmul Biosphere Reserve, Mexico
William Wegman, Cobscook Bay, Maine
Lee Friedlander, San Pedro River, Arizona
Mary Ellen Mark, Pribilof Islands, Alaska - Virginia Eastern Shore
Lynn Davis, Utah Plateaus
Hope Sandrow, Komodo National Park, Indonesia
William Christenberry, Cahaba River/Bibb County Glades, Alabama
Fazal Sheikh, Grande Sertao Veredas National Park, Brazil
Karen Halverson, Cosumnes River, California
Terry Evans, Tallgrass Prairie Preserve, Oklahoma

◎ザ・ネイチャー・コンサーバンシーについて
ホームページ:http://nature.org/
本部をワシントンD.C.に置 き、全米50州に活動拠点を持つ。「科学的事実に基づいた活動」、 企業や政府との「非対立的パートナーシップ」という方針のもと、 「地球の生物多様性を代表している動植物およびそれによって構成される エコシステムとその生存に必要な土と水を保護する」活動を展開している。 1951年の設立以来これまでに全米で830万エーカー(約3万km2)以上、 1,500カ所以上を保護してきた。 80年代からは活動の範囲をラテンアメリカや太平洋地域など 国外にも広げている。