Winogrand 1964

Arena Editions, 2002

Garry Winogrand(ゲイリー・ウィノグランド)


ゲイリー・ウィノグランド(1928~1984)による本書は世界大戦後の都市化、市民権運動、ベトナム戦争悪化、前年のケネディー暗殺 などで社会の変動期だった1964年単年に撮影された作品がまとめられています。
1964年6月、グッゲンハイムの奨学金を得たウイノグランドはリー・フリードランダーらの仲間と全米縦断の撮影旅行に出発します。 全行程は5ヵ月におよび17州を旅し、約550ロール分の撮影を行いました。 彼はストリートのモノクロ写真で有名ですが今回の 撮影旅行では約100ロールがコダクローム・カラーだったそうです。
全300ページ、カラー作品4点、モノクロ175点が収録されています。ほとんどが未発表作品とのことです。

ゲイリー・ウィノグランド プロフィール