Talking to Myself

Steidl; Box版, 2002

Yohji Yamamoto(山本耀司)(著)


山本耀司は世界的評価の高いファッション・デザイナーです。
1981年、<黒>を基調にした革命的なデザインで パリコレクションにデビューし、ファッションの概念を打ち破る斬新なコレクションでヨーロッパのファッション界に大きな衝撃を与えました。以来、あくことなき挑戦をし続け、世界のデザイナーに多大な影響を与えています。

この本はタイトル通りに、彼自身が今までの人生の様々な側面を詳しく語ることで"ヨウジヤマモト"の世界を綴ったものです。 同時に哲学者、鷲田清一とともに自分自身のこと、作品のことを幅広く探求しています。 また、ペンと筆による大胆なスケッチや抽象的作品も収録されており、 さまざまな角度から彼の理想とする“モードでモードを否定する”という哲学を読み解くヒントを与えてくれます。

スリップケース入りの2分冊、 全316ページ、カラー94点、モノクロ210点、 ニック・ナイト、ピーター・リンドバークシーラ・メッツナー、サラ・ムーン、パオロ・ロヴェルシ、クレッグ・マック・ディーン、 エンリケ・バドレスクなどの写真が収録されています。