Flower Portraits:
The Life Cycle of Beauty

Bulfinch, 2003

Jyoice Tenneson(ジョイス・テネソン)


ポートレートやヌード作品で有名なジョイス・テネソンが“花”に取り組んだ新刊です。 彼女は花の一生のうち、普段は見逃されがちな後半期に焦点を合わせ、 次第に枯れていく瞬間の壊れやすい繊細な美を見事にとらえています。 “私は花は単なる飾りではなく、明らかなパーソナリティーを もった生き物と考えている。その姿の変容を見守っている内に、 開花だけが花の美しさではないと実感した。”と語っています。 前作“Wise Women”で年齢を重ねた女性の美を再発見しているのと同じアプローチで花をとらえているのです。 また彼女の作品は、18~19世紀にかけてのボタニカル・アートの伝統と、花をモチーフとしてきた 写真界のマスターの伝統をも見事に受け継いでいます。

>