Nudes

Shirmer/Mosel, 2003

Thomas Ruff(トーマス・ルフ)


ドイツ人アーティストのトーマス・ルフは1958年生まれ。1977から1985年までアンセルム・キーファーやゲハルト・リヒターなどを輩出したことで有名なデュッセルドルフ美術アカデミーでベッヒャーに学んでいます。トーマス・シュトゥルートアンドレアス・グルスキー同様にコンセプチュアルな作品を制作しています。 これまでに大判カラーによるの友人のポートレート、夜空の星、建築物などの作品を制作しています。
彼の最新刊のテーマはヌードです。インターネットのポルノサイトから多くの画像を収集し、デジタル技術を駆使して、着色、ぼやかし、拡大など様々な加工作業を行ない、イメージを完全に自らの作品へと再構築しています。カラーによる約80作品とともに、小説“素粒子”のベストセラーで知られるフランス作家 ミシェル・ウエルベックの近刊書からの引用も収録されています。

トーマス・ルフ プロフィール