A Year in the Life of Andy Warhol

Phaidon Press, 2003

David McCabeデビッド・マッケイブ

1964~1965年にかけての1年間、アンディ・ウォーホルは英国人ファッション写真家のデビッド・マッケイブに自らの日々の活動をドキュメントすることを依頼しました。この期間中は、マッケイブはファクトリー(作品を制作していた工房)、展覧会のオープニング、パーティー、カフェなど、ウォーホルが希望するすべての場所に出向いて撮影を行ないました。しかし、 当時知名度が日増しに高くなっていったウォーホールは自分のプライベートを一般に公開することを嫌い、 この一連の作品は発表されませんでした。
40年以上に渡って未公開だった作品群が、もともとの作家の意向を尊重してまとめられたのがこの写真集です。 ポップ・アートが頂点を極めていた時期のニューヨークのアートシーンの裏側を知ることができる興味深いドキュメントです。 ウォーホールの最初のアシスタントだったデヴィッド・ダルトン氏の回想文、撮影順に編集された作品約400枚が収録されています。

デビッド・マッケイブは1940年イギリス生まれ。グラフィック・デザインと写真を学んだ後国際写真コンテストで優勝したことがきっかけで、メイフラワー写真スタジオでキャリアを開始します。1960年にニューヨークに渡り、アレクセイ・ブロドビッチやメルビン・ソコルスキーの下で学びます。 1963年にはコンデナスト社から初仕事を依頼され、翌年にはこの写真集のプロジェクトに参加しています。 その後、ファッション雑誌中心に仕事を行なっています。