The Animals

Museum of Modern Art; 2nd版, 2004

Garry Winogrand(ゲイリー・ウィノグランド)


60~70年のアメリカの社会的風景をシンプルなスナップショット的な手法で撮影しているゲイリー・ウィノグランド。彼はロバート・フランクに影響され写真を始めています。
この本は1968年にペーパー判で刊行されたウィノグランドの伝説的な初写真集のハード判による待望の再販です。 動物園で何気なく撮影された動物と観客は、何故か非常に似通った表情をしているように見えてきます。 鋭い観察力と批判力を持つウィノグランドがとらえた、人間も含めた「動物たち(The Animals)」の世界がモノクロ46イメージで写真集の中で展開されています。ニューヨーク近代美術館のジョン・シャーカフスキーは、「ウィノグランドの動物園は動物と人間が柵越しおかしな状況で対面しているシュールなディズニーランドのようだ」とエッセーで語っています。

ゲイリー・ウィノグランド プロフィール