Friedlander

Museum of Modern Art, 2005

Lee Friedlander(リー・フリードランダー)


リー・フリードランダーは、ゲイリー・ウィノグラントダイアン・アーバスなどとともに60年代~70年代に活躍し、いまでも現役で活躍している写真家です。ありきたりの日常風景をドキュメントではなくパーソナルな視点からとらえた作品はその後の現代写真の展開に大きな影響を与えています。"アメリカの社会的風景"への視点を中心テーマに、セルフ・ポートレート、ポートレート、風景、静物、ヌードなど多彩なテーマに取り組んでいる多作な作家です。

この写真集はニューヨーク近代美術館(MoMA)で2005年に開催されたフリードランダーの本格的回顧展開催に合わせて刊行されたものです。彼の長いキャリアをテーマごとにまとめた約800点が収録されています。フリードランダーの仕事の全貌を知るには格好の1冊です。MoMAの写真部門チーフキュレーターのピーター・ガラッシによる総合解説や写真集資料なども収録されています。

リー・フリードランダー プロフィール