Woman in the Mirror

Harry N. Abrams, 2005

Richard Avedon(リチャード・アヴェドン)


戦後アメリカを代表する写真家リチャード・アヴェドン(1923-2004)はファッションとポートレート写真で知られています。アート作品としては、現代社会と人間の存在をシンプルな白バックで象徴的に表現したポートレートの評価が高く、写真集でもファッション写真はその一部として扱われていました。
人気は高いもののファッション写真だけををまとめた写真集は、"Made in France"Fraenkel Gallery, 2001、"Photographs 1947-1977"Farrar, Straus & Giroux 1978、の2冊で、ともに絶版で入手困難でした。
本書は彼の50年に渡るファッション写真家キャリアをはじめて総合的に振り返るファン待望の写真集です。オリジナルプリントと同じ11X14インチのブックサイズにモノクロ約125点、カラー約10点が収録されています。

リチャード・アヴェドン プロフィール