Andre Kertesz: The Early Years

W W Norton & Co Inc, 2005

Andre Kertesz(アンドレ・ケルテス)


アンドレ・ケルテス(1894-1985)はハンガリーのブタペスト出身です。1912年から写真でのヴィジュアル・ダイアリーを開始し、1925年に写真家を目指してパリへ、1936年に米国に移住しています。
“写真の詩人”と呼ばれ、庶民の何気ない日常生活のなかの魅惑的な一瞬を撮影しています。シンプルで調和 のとれたモダンな画面構成を持ったスナップ的なイメージは世界的に高く評価されています。小型カメラの特徴を作品作りに生かしたパイオニア的存在で、 ブラッサイ、カルチェ=ブレッソンなど多くの写真家に影響を与えたことでも知られています。

本書は現代写真の巨匠ケルテスの初期ハンガリー時代に本格的に焦点を当てたものです。1,000以上のコンタクトプリントから90点がセレクションされ実物大サイズに複製されています。20世紀初頭のハンガリーの社会文化状況を探求した彼の創作の原点がここにあります。有名作の"Under water Swimmer, 1917"やセルフポートレートも収録されています。 サイズは約13X13cmのコンパクトサイズです。

アンドレ・ケルテス プロフィール