Fotografie Steven Klein
Portfolio (teNeues Numbered)

Te Neues Pub Group; Bilingual版, 2006

Steven Klein(スティーブン・クライン)


ファッション、ポートレート分野で活躍するスティーブン・クラインは米国ロードアイランド州プロビデンス生まれ。地元ロードアイランド・スクール・オブ・デザインで絵画を学んだ後、1990年代初め一時暮らしていたパリで行ったディオールの仕事から写真家のキャリアを開始します。その後、ニューヨークを拠点に各国版ヴォーグ、W、I-D、アリーナ、ルォモ・ヴォーグなどのエディトリアルで活躍し高い評価を得ます。広告では、カルバン・クライン、ドルチェ&ガッバーナ、アレキサンダー・マックイーン などのキャンペーンを手がけています。2005年にWマガジンで発表されたアンジェリナ・ジョリーとブラッド・ピットの60ページに渡るポートフォリオは彼の才能が大いに発揮されており話題になりました。その他、マドンナ、プリンス、デビット・ボウイらのヴィジュアル制作に携わっています。
彼はエッジのたった緊張感あるイメージで知られており、MoMAのキュレーター、スーザン・キスマリック氏は "私たちが目をそむけがちなダークサイドの探求からもたらされた、リアルで明瞭なセクシャリティーがある"と評価しています。

本書は雑誌形式のペーパーバック版を手頃な値段で提供して人気のスターン・ポートフォリオシリーズのNo.44、スティーブン・クライン特集号です。約60点のカラー、モノクロイメージが収録されています。