Robert Frank: Come Again

Steidl; Slp版, 2006

Robert Frank(ロバート・フランク)


ロバート・フランクの新刊は彼が最近可能性を追求しているポラロイド写真の原点となるものです。収録写真は約15年続いたレバノン内戦で破壊されたベイルート市街地を1991年に撮影したときのイメージです。その時の仕事は他の5人の写真家の作品とともに、“Beirut City Centre”(1992年刊)で発表されています。フランクは仕事とは別に大量のポラロイドを撮影し、それらはスタジオに長らく保管されていました。その後作品を吟味しなおし“Come Again”というタイトルをつけます。フランクは写真集にまとめるに際してベイルート滞在時に実験的にコラージュなどを作ったスケッチブック形式にこだわります。

本書はオリジナルのスケッチブックを忠実に再現したペーパー版写真集です。48ぺ-ジ、サイズは約21.5x28cm。

ロバート・フランク プロフィール