5 X 7

Twin Palms Pub; 1版, 2006

William Eggleston(ウィリアム・エグルストン)


ウィリアム・エグルストンは1976年ニューヨーク近代美術館(MOMA)で開催された写真展以来、カラーによるシリアス写真の元祖として知られています。
写真集作りに定評のあるツイン・パーム社からの最新刊には、1970年代初頭に大型の5 x7 フォーマット・カメラで撮影された作品がまとめられています。エグルストンの典型的イメージの、ストリート・シーンや風景のほかに未発表のメンフィス周辺のナイトクラブで撮影されたポートレートも多数含まれています。

ハードカバー、約28X36cm(11X14inch)、カラー約32点、、モノクロ約29点が収録されています。

ウィリアム・エグルストン プロフィール