David Lachapelle: Heaven to Hell

Taschen America Llc; Box版, 2006

David LaChapelle(デビッド・ラシャペル)


底抜けにカラフルで映画のように作り込まれたハイパーリアルなヴィジュアルで知られる米国人写真家デビッド・ラシャペル。2005年には、ヒップホップ・ダンスの新種クランプ・ダンスをテーマにしたドキュメンタリー映画“RIZE”を監督。危険地帯のロサンゼルス・サウスセントラル地区の若者たちダンスを通した生き様を表現しています。
タッシェン社からの新刊は、"LaChapelle Land" (1996) 、"Hotel LaChapelle" (1999)に続く箱入りの3部作目にあたります。サイズは27.8 x 35.5 cm (10.9 x 14 in.), 約320ページ、前作の倍近い数の新作を収録しています。2006年に発売された、高額な巨大限定写真集"artists and prostitutes"のイメージも一部収録。

デビッド・ラシャペル プロフィール