Martin Munkacsi

Steidl; 2nd Revised版, 2007

Martin Munkacsi(マーティン・ムンカッチ)


マーティン・ムンカッチ(1896-1963)は当時のハンガリー生まれ。1930年代に動きのあるイメージや野外撮影でファッション写真に変革をもたらしました。ハーパースバザーなどで活躍した30年代、40年代には、アメリカで最も高額のギャラを得る写真家となります。彼の写真はリチャード・アベドンアンリ・カルチェ=ブレッソンにも影響を与えたことが知られています。現在では20世紀を代表する写真家として再評価されていますが、彼の作品は世界中に散逸しており、唯一ベルリンのUllstein Archiveがドイツ、ハンガリー時代の包括的なコレクションを持っています。

本書では彼の未紹介イメージを初めて本格的に収集しています。様々な時代の代表作品とともに、雑誌で当初紹介されて以来見ることができなかったイメージなども含まれています。
ハードカバー、全約416ページ、モノクロ約318点が収録されています。

マーティン・ムンカッチ プロフィール