Gilbert & George:
The Complete Pictures, 1971-2005

Aperture; Slp版, 2007

Gilbert & George(ギルバート&ジョージ)


ギルバート&ジョージはイタリア出身のギルバート(1943-)とイギリス出身のジョージ(1942-)の二人組チームで活躍するイギリスを代表するアーティスト。 当初から「Art for All」を主張し、多くの人とのコミュニケーションを目指してきた作品は常に大きな論争を巻き起こすとともに、高い賞賛を浴びています。
二人はセント・マーチンズ・スクール・オブ・アートで彫刻を学んでいる時に知り合い、"living sculptures"(生きている彫刻)を標榜し、表現者とともに自らが作品になることを目指します。当初はパフォーマンスでのアート表現を追及し、 "THE SINGING SCULPTURE"(歌う彫刻)として活躍します。 その後、二人が物理的にいなくてもより多くの人にメッセージを伝えるために、自らが登場する、フィルム、ドローイング、写真とグラフィックを融合させた作品を制作するようになります。彼らは多くの人の感情に訴える非常に幅広い作品テーマを取り上げてきました。性的アイデンティティーをテーマに取り込んだ最初の作家でもあります。
本書は、彼らの出会い40周年と、テート・モダンを皮切りに2007年2月から世界巡回する回顧展開催を期に刊行されるものです。作家自身のデザイン、制作による、キャリーケース入りの豪華2巻セット。
1971年から2005年までに制作した約1500の作品が収録されています。