Where We Live: Photographs of America from the Berman Collection

J Paul Getty Museum Pubns, 2006

Judith Kellerg ほか(著)


本書は20世紀後半に複数写真家が米国各地で撮影した、風景、建築物、ライフスタイルのイメージをコレクションしたものです。ゲッティー美術館で2007年2月まで開催されていた写真展のカタログです。1984年から写真部門を持つ同館には、1998年以降、著名な映画プロデューサー、ブルース・バーマン氏のコレクション約500点が寄贈されています。同展では、ロバート・アダムス、ジョン・デボラ、ウィリアム・エグルストン、ミッチ・エプスタイン、アレックス・ハリス、ジョール・マイヤービッツスティーブン・ショアー、ジョエル・スタンフェルドなど24人の約150点以上がセレクションされています。
バーマン氏が求めたのは20世紀のアメリカン・ライフスタイルを形作った、家、自動車、教会、バー、劇場などの写真作品です。彼が魅了されたのは、創作に情熱的だが感傷的でない写真家たちがとらえた各地のアメリカン・シーン。そのパーソナルなコレクションは20世紀後半の米国の雰囲気を端的に伝えてくれる優れたドキュメントでもあります。有名写真家の作品とともに、普段日本では見られない作家の風景作品にも触れることができる写真集です。