Seven Stories

Steidl, 2010

Robert Frank(ロバート・フランク)


写真集「アメリカ人」を発表後、ロバート・フランクは60年代にかけて写真から映画に活動の中心を移します。1970年代になり、フランクは再びポラロイドカメラのみでモノクロ写真を撮影するようになります。彼はイメージ上にテキストを手書きで重ねたりする方法にも挑戦していました。
ここ数年、フランクはポラロイド中心に作品を制作。普段と同じく自らの人生、旅や生活環境に関連したテーマを選び、ポラロイドを連続して並べた新作ブックの製作や、インスタント写真でのコラージュなどの可能性を探求しています。
常に過去の反復を嫌い、ヴィジュアルの限界に挑戦し続けるフランクによる新たなステージの創作活動です。

本書は14 cm x 10 cm のコンパクトサイズ。ホチキスどめのソフトカバー7冊、スリップケース入りです。
Book 1: China, 20ページ、20作品
Book 2: Early Europe / Red Lake, 16ページ、15作品
Book 3: Flies / Pools, 12ページ、 6作品
Book 4: Objects, 14ページ、 7作品
Book 5: Objects / Photos, 20ページ、11作品
Book 6: People Story, 22ページ、15作品
Book 7: Story Rooms / Windows, 20ページ、19作品

ロバート・フランク プロフィール