Robert Frank: Portfolio 1941-1946

Steidl, 2009

Robert Frank(ロバート・フランク)


写真集"アメリカ人"(1958年刊)で20世紀の現代写真に多大な影響を与えたロバート・フランク。彼は1924年スイスのチューリヒ生まれ。多くのスイス人写真家のスタジオで働いた後、1947年にアメリカのニューヨークに移民しています。
本書は大志をいだく当時23歳のフランクが、アメリカで仕事を得るために持参した写真作品40点を収録した手作り写真集を再現したもの。キャリア最初期の写真作品と彼がリタッチした他の写真家の作品が含まれています。イメージは、スイス地方部の日常生活、アルプス山脈の風景、都市風景、静物、ポートレートなど。その後の"アメリカ人"の複雑な写真配列やページレイアウトにつながる、フランクの原点となる写真集です。
渡米後のフランクは、アレクセイ・ブロドビッチに本が認められファッション写真家として雇われます。“ハーパース・バザー”誌で“ショッピング・バザー”を担当し、主に商品写真を撮影するようになります。

ペーパーバック: 48ページ、サイズ約20.5 cm x 27.3 cm、モノクロ作品40点が収録されています。

ロバート・フランク プロフィール