Eye

Steidl, 2010

David Bailey(デヴィッド・ベイリー)


英国を代表する伝説的写真家デヴィット・ベイリー(1938-)。
本書は、1962年から2008年までに撮影された、映画監督、アーティスト、ファッション・デザイナー、ミュージシャンなどの珠玉のポートレートをまとめたもの。現代の文化を形作ってきたクリエイティブな人物のユニークなポートレートをコレクションした写真集です。登場するのは、アンディー・ウォーホル、ジャン=ミッシェル・バスキア、アンリ・カルティエ=ブレッション、イブ・サン・ローラン、ジョン・ガリアーノ、ジョン・ヒューストン、エルスワース・ケリーなど。表紙カバー・アートはダミアン・ハーストの描いた"eye"のイメージです。
ベイリーの撮影アプローチはどんな被写体でもまったく同じことが特徴。最低限のライティングと小道具なしで行われる撮影により、フォーマルなポートレート写真では表現できない人物の本質を引き出しています。彼は、"私は郵便局にいる少年をロシア大統領のように、またロシア大統領を郵便局の少年のように取り扱う"と語っています。

ハードカバー: 188ページ、サイズ26 cm x 33 cm、
カラー3点、モノクロ約89点を収録。

デヴィッド・ベイリー プロフィール