Paris Vogue Covers 1920-2009

Thames & Hudson; New版, 2014

Sonia Rachline(著)


コンデ・ナスト社は、ヴォーグ・フランス版を米国、英国版に続き1920年から刊行しています。当時のパリはファッションやアート・シーンにおける世界の中心地、まさに絶好のタイミングでのスタートでした。その後は現在に至るまで、世界のファッション誌のベンチマークであるとともに、最も影響力のあるメディアとしてファッション界に君臨し続けています。

本書は、パリ・ヴォーグの約90年にわたるイラストレーションや写真による表紙から代表作をセレクションしたもの。ファッション、デザインのトレンド、大衆文化の変遷、またファッション写真の歴史を知るためには格好の1冊です。
制作にかかわったアーティストは、ジョルジュ・ルパプ、マン・レイ、ヘルムート・ニュートン、ギイ・ブルダン、ブルース・ウェーバー、マリオ・テスティーノなど。モデルになったのは各時代のイコンである、カトリーズ・ドヌーブ、ツィギー、オードリー・ヘップバーン、ブリジット・バルドー、ケイト・モスなど。
ハードカバー: 208ページ、サイズ27.70 x 24.00 cm、約122点のカラー図版が収録されています。

(参加アーティスト)
Mert Alas & Marcus Piggott、Richard Avedon、David Bailey、Eduardo Benito、Marc Chagall、G. Coltellacci、 Salvador Dali、Patrick Demarchelier、Robert Doisneau、Helen Dryden、Arthur Elgort、Philippe Halsman、David Hockney、Horst P. Horst、George Hoyningen-Huene、Bill King、Steven Klein、William Klein、Nick Knight、Akira Kurosawa、Inez van Lamsweerde & Vinoodh Matadin、Georges Lepape、Peter Lindbergh、Craig McDean、Steven Meisel、Joan Miro、 Jean-Baptiste Mondino、Helmut Newton、Terry O’Neill、Irving Penn、Jeanloup Sieff、David Sims、Mario Sorrenti、Edward Steichen、Bert Stern、Mario Testino、Andy Warhol、Albert Watson、Bruce Weber