Irving Penn Portraits

Harry N. Abrams, 2010

Irving Penn(アービング・ペン)


アーヴィング・ペン(1917-2009)は20世紀を代表する米国人写真家です。1943年以来、約60年以上に渡って、ファッション、静物、ポートレートなどの幅広い分野で精力的に作家活動を続けてきました。

本書は、彼がライフワーク的に取り組んできた、著名人のポートレートを初めて1冊に集めたもので、2010年2月から6月までロンドンのナショナル・ポートレート・ギャラリーで開催されている写真展を期に刊行されました。名高い1947~1948年のヴォーグ誌でのポートレートから2006年に撮影したジャスパー・ジョーンズまでの作品を網羅しています。ジョルジョ・デ・キリコ、イーゴリ・ストラヴィンスキー、パブロ・ピカソ、デューク・エリントン、マレーネ・ディートリヒ、ウディ・アレン、ルドルフ・ヌレエフ、ヘルムート・ニュートン、ジャスパー・ジョーンズなどの珠玉のポートレートがセレクトされています。

ハードカバー: 80ページ、サイズ:25 x 25 x 1.4 cm。
モノクロ図版約30点が収録。

アービング・ペン プロフィール