Laszlo Moholy-Nagy: 60 Fotos
(Books on Books)

Errata Editions; Bilingual版, 2011

Laszlo Moholy-Nagy(ラースロ・モホイ=ナジ)


Books on BooksシリーズはErrata Editionsによる、貴重なフォト・ブックを再現する画期的なプロジェクト。写真集自体を復刻させるのではなく、本の全内容を高品位に複写して別の本として紹介しています。いままで、ウジェーヌ・アジェ、ウォーカー・エバンス、ウィリアム・クラインなどのレアフォト・ブックが取り上げられています。

Books on Booksシリーズの第12弾は、ラースロ・モホイ=ナジ(1895-1946)の"60 Fotos"(1930年刊)です。ハンガリー出身のモホイ=ナジは多彩で多分野で活躍したアーティスト。理論家としても知られ、多くの創造分野に多大な影響を与えています。彼は、行動主義の画家として有名ですが、写真、彫刻、映画、著作、舞台デザインなど広範囲で表現を行っています。また教育者としても知られ、20年代にドイツのバウハウス、30~40年代にはシカゴのニューバウハウスでも教えています。1922年ごろまでに、カメラなしの写真のフォトグラムを始め、同時にフォトモンタージュ、カメラでの写真表現の可能性も探求しています。"60 Fotos"は ベルリンのKlinkhardt & Biermannより、1930年に刊行されたフォトブック。ニューヴィジョンとして提示された様々なストレート写真、フォトグラム、フォトモンタージュなど、彼の優れた作品を収録したもの。写真史家のデビット・エバンス氏の新たなエッセーも収録されています。

ハードカバー、約92ページ、サイズ25 x 18.4 x 1.6 cm、
モノクロ約50図版を収録。