The Lost Explorer

Te Neues Pub Group, 2011

Tim Walker(ティム・ウォーカー)


"The Last Explorer"は、ヴォーグ誌などで世界的に活躍する人気ファッション写真家ティム・ウォーカー(1970-)による待望のフィルム作品。Patrick McGrathによる短編がベースになっています。

本書は近日中に世界中の映画祭で公開されるこの短編フィルムと対をなすものです。念入りに作り上げられた、ロマンチック、装飾的、無邪気な雰囲気に満ち溢れた非日常的なウォーカーの写真世界がフィルム作品にも見事に生かされています。美しく不思議なストーリは、14歳のオリンピア・キャンベルによって演じられたイヴリンが瀕死の探検者と庭で出会って始まるというもの。

ハードカバー: 64ページ、サイズ25.2 x 22.4 x 1.4 cm、カラー約47図版、今回は20分の短編ですが、ウォーカーの次の夢は長編映画を撮ることだそうです。

ティム・ウォーカー プロフィール