Bruce Davidson: Subway

Aperture; Reprint版, 2011

Bruce Davidson(ブルース・デビッドソン)


ブルース・デビットソン(1933-)は米国で最も影響力のあるドキュメント系写真家の一人です。本書は"East 100th Street"、"Brooklyn Gang、Summer 1959"に並ぶ代表作"Subway"の3回目の再版です。オリジナルは1986年にApertureから刊行、2004年にはSt.Ann's Pressから刊行されています。
デビットソンは1980年の春から1985年にかけて、ニューヨーク地下鉄路線600マイルを探索。危険を顧みずに、カラーフィルムとフラッシュでドキュメント続けました。カップル、通勤客、旅行者、家族連れ、ホームレス、ミュージシャン、略奪者などの撮影を通して、人種のるつぼニューヨークのリアリティーの表現に挑戦しています。
モノクロ中心だったデビットソンが、1970年代後半にカラーでシリアス写真に初めて取り組んだ意欲作です。

ハードカバー: 144ページ、サイズ30.2 x 29.2 x 2 cm 。
本書には未発表25点を含む118図版が収録されています。

ブルース・デビッドソン プロフィール