In the Picture: Self-Portraits,
1958-2011

Yale University Press, 2011

Lee Friedlander(リー・フリードランダー)


リー・フリードランダー(1934-)は米国を代表する写真家の一人です。代表作には、"Self Portrait"(1970)、"The American Monument"(1976)、"Nudes"(1991)、 "Stick & Stones:Architectural America"(2004)などがあります。2005年にはニューヨーク近代美術館で回顧展"Friedlander"を開催しています。
フリードランダーは約50年にも渡りセルフポートレートに取り組み、その表現の可能性を追求してきました。

本書は、ポートレートを通してパーソナルとクリエイティブ・ライフが絡み合う有名写真家のキャリアを明らかにしています。ケーブルレリーズを手に撮影された最初の作品、自分の影やガラスに映り込んだ写真。そして最新の家族、友人たちの写真まで、多数の未発表作品を含む400点以上が収録されています。本書はセルフポートレートを通して多様で豊かなフリードランダーの人生を探求するものです。

ハードカバー: 約392ページ、サイズ22.5 x 24.7 x 4.4 cm、
モノクロ図版約450点を収録。

リー・フリードランダー プロフィール