Stephen Shore:
The Hudson Valley (Blind Spot)

Blind Spot & Photo Based Art Inc, 2012

Stephen Shore(スティーブン・ショア)


年2回の雑誌発行などでアート写真の啓蒙活動を長年行っているニューヨークのブラインド・スポット(Blind Spot)。本書は同社による新しいフォト・ブックシリーズの第1刊です。

シリアス・カラー写真の元祖の一人のスティーブン・ショアー(1947-)がニューヨーク州のハドソン川流域に広がるハドソン・ヴァレー地域を撮影しています。 ショアーはウィリアム・エグルストンとともに、カラー写真で初めてアート作品を制作した写真家の一人。本書ではショアーが1984年~1986年にかけて撮影した、ゆっくりと失われていく田舎の日常風景を紹介しています。

ハードカバー: 48ページ、サイズ約29X24cm、限定1000部、カラー約34点が収録されています。印刷は高いクオリティーで知られる米国のMeridian Printingが担当しています。

スティーブン・ショア プロフィール