Richard Misrach: 11.21.11 5:40 PM

Fraenkel Gallery, 2013

Richard Misrach(リチャード・ミズラック)


リチャード・ミズラック(1949-)はかつては不毛の地だった砂漠が文明化による環境が激変したシーンを撮影した写真集"デザート・カントス"(1987年)などで知られる米国人写真家。彼は2001年~2005年にかけて"On the Beach"シリーズに取り組んでいます。それらのカラー作品は撮影者が発見し難い非常に高い位置から撮影された、海岸や水辺での遠方の小さな人間の姿を表現したものでした。自然の中での人間の小さな存在を思い起こさせてくれる非常に影響力のある作品でした。
ミズラックはその後の写真テクノロジーの革新が起こる中で撮影アプローチのコンセプトとテクニックを変えて同シリーズを約10年に渡り継続してきました。今回のシリーズで、ミズラックは時間と写真との関係性の探求を行っています。タイトルの"11.21.11 5:40 PM" は、日付、時間を現わしています。"On The Beach 2.0."と名付けられた新シリーズは2011年11月に開始されています。ミズラックはある日の午後の海岸で若いカップルを彼らに知られることなく撮影しました。遠方からでは彼らの行動はわかりませんが、どうも日没のシーンを写真撮影している様子でした。ミズラックはスタジオに帰った後で彼らがアイフォーンでセルフポートレートを撮影していたことを発見します。そして彼は、写真家である自分とカップルが同じ時間に写真撮影をしていた事実に気付きます。これはテクノロジーと文化習慣の大きな変化を象徴している出来事です。
本書では二つの写真がつながっている16のシークエンス作品が紹介されています。将来的に違う時間構造の写真集が同シリーズから定期的に生まれる予定とのです。

ハードカバー: 32ページ、サイズ:39.4 x 30.5 x 1.9 cm、
16図版を収録。