Philip-Lorca diCorcia

Kerber Verlag; Bilingual版, 2013

Philip-Lorca diCorcia(フィリップ=ロルカ・ディコルシア)


フィリップ・ロルカ・ディコルシア(1951-)は、現代アメリカ写真を代表するスター・アーティストの一人。彼の作品は、モデルのポーズからライティングまでの撮影の全ての要素を厳密に計算した上で制作されることで知られており、その映画やファッション写真のような手法は、シンディー・シャーマンやジェフ・ウォールともよく比較されます。
約30年に及ぶキャリアを通して、ドキュメンタリー写真と演出によるフィクションが融合した新たなストリート写真のスタイルを発展させ、写真界に大きな影響を与えてきました。

本書はフランクフルトのシルン美術館 (Schirn Kunsthalle)で2013年6月から始まった欧州初のフィリップ・ロルカ・デコルシア回顧展に際して刊行。"Hustlers "(1990-1992)、"Heads" (2000-2001)、"Streetwork" (1993-1999)、"Lucky 13" (2004) 、"A Storybook Life" (1975-1999)などの代表作品とともに、現在進行形の新作"East of Eden"プロジェクトからの作品が紹介されています。
ペーパーバック: 208ページ、サイズ29 x 21 x 2 cm、
約124点の図版を収録。

フィリップ=ロルカ・ディコルシア プロフィール