JFK: A Photographic Memoir

Yale University Art Gallery, 2013

Lee Friedlander(リー・フリードランダー)


第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディ(1917-1963)が亡くなってから約50年がたちます。
本書はアメリカを代表する写真家リー・フリードランダー(1934-)による、ケネディーの1960年の大統領選挙から1963年に暗殺されるまでの、米国社会における大衆の熱狂から悲しみまでの多様な反応を追い求めたものです。フリードランダーは米国内の旅を通してこれらの社会の反応に直面し、自分が目撃したシーンを撮影していきます。当時は、大統領の写真がショーウインドウに飾られ、リビングルーム内にピン止めされ、国中の公共スペースに貼られていました。彼は、ワシントンD.C.、バッファロー、ミネアポリス、ロサンジェルスなどで、歴史的に米国を熱く盛り上がらせた瞬間をとらえています。

ハードカバー: 60ページ、サイズ23.2 x 21.6 cm、モノクロ図版約49点を収録。ほとんどが未発表作品とのことです。

リー・フリードランダー プロフィール