Peter Beard

Taschen America Llc; Anniversary, Multilingual版, 2013

Peter Beard(ピーター・ビアード)


ピーター・ビアード(1938-2020)は、40年以上に渡る冒険生活やセレブたちとの華やかな交際で知られる冒険家、写真家、作家です。
アイザック・ディネーセン(本名カレン・ブリクセン)がケニヤでの半生を描いた"アウト・オブ・アフリカ"に感銘しアフリカを訪れます。その後ツァヴォ国立公園で乱獲され生態系が破壊されたアフリカ像の実態を伝える写真集“ジ・エンド・オブ・ゲーム”を発表し注目を浴びます。彼は幼少時代から写真やオブジェを貼り付けた日記をつけており、それが進化して写真をベースにしたコラージュ作品を制作するようになります。
今ではそれらの作品は世界中の美術館でコレクションされるとともに、アート・オークションで高額で取引されています。

本書は2006年にタッシェン・コレクターズ・エディション・シリーズとして刊行され、 瞬く間に完売した2巻セットの限定豪華本の普及版です。内容はNejma Beardにより編集され1冊にまとめられました。
ハードカバー: 706ページ、サイズ5.1 x 25.4 x 30.5 cm、
未発表作を含む多数の図版を収録。

ピーター・ビアード プロフィール