Olivo Barbieri: Site Specific

Aperture, 2013

Olivo Barbieri(オリボ・バルビエリ)


イタリア人作家のオリボ・バルビエリ(1954-)は写真とフイルムによる"Site Specific"プロジェクトを2003年に開始します。本書はこの約10年間に渡る世界25都市の空中写真作品をまとめたものです。
バルビエリは大判カメラとチルト-シフト・レンズで知られています。写真の一部分にピントが合いその他がピンボケの風景写真は人気が高く、世界中で多くの追従者を生んでいます。本書では彼の撮影アプローチと写真メディアに対する考えの進化が紹介されています。
作品は彼のスタイルと評価を最初に確立させたイタリア都市の写真から始まり、撮影順に配列されています。世界中での作品制作が進むに従って、彼は現実認識をゆがめて表現する新たな方法を取り入れていきます。それらは、色を使いこなしたり、特定の部分の表示・削除や色を変えることで劇的な効果を狙うアプローチです。結果的に、21世紀の都市スペースと写真表現自体を提示する優れたフォトエッセーに仕上がっています。


ハードカバー: 182ページ、サイズ約24 X 34cm、カラー約120点が収録されています。