Born Ready (All-american)

Te Neues Pub Group; Slp版, 2014

Bruce Weber(ブルース・ウェバー)


写真家・映画監督のブルース・ウェーバーによるオール・アメリカン・シリーズの13号。同シリーズは、毎回テーマごとに多様なアメリカの歴史、文化の中でひときわ異彩を放っている、アーティスト、写真家、エッセーイスト、詩人、特定分野で偉業を成し遂げた人物などを取り上げてポートフォリオとして提示しています。彼らをウェーバー自身が賞賛しているとともに、自らの創作にも多大に影響を与えているといわれています。

第13号では、独特で率直なヴィジョンを誇り高く共有しながら自分の意見を自由に話す、新人とベテランの活動家、俳優、音楽家、作家などを幅広く選んでいます。結局、言論の自由と多様な意見は、アメリカで先祖から受け継がれている肝要な部分です。本書は、挑戦的、感動的で時に楽しい、自らの世界観を社会と共有するために立ち上がる人々全てを賛辞しています。
ブルース・ウェーバーは牧師のFather Gregory Boyle、実業家でコレクターのMicky Wolfsonのプロフィールを手がけるとともに、最後にはモーター・クロス・レーシングの世界を探求。彼は昨年の夏にマサチューセツのサウスウィックを旅してスターのRyan DungeyやJames Stewartらを撮影しています。

ペーパーバック(ケース入り): 192ページ、サイズ31.4 x 24.4 x 3 cm、限定5000部、
多数のカラー、モノクロ図版を収録。

ブルース・ウェーバー プロフィール