Invisible City

Steidl, 2015

Ken Schles(ケン・シュレス)


ケン・シュレス(1960-)による長らく絶版だった写真集の待望の再版です。オリジナル版は1988年にTwelvetreesより限定2000冊が刊行されています。彼は最も騒がしく活気があった1980年代のニューヨーク・イースト・ヴィレッジでの生活を約10年に渡りドキュメントしています。数少ない人しか入ることができない、夜間に展開される自由奔放な世界の、親しみやすく、また刺すようなポートレートは、 ブラッサイの「Paris de Nuit」や、エルスケンの 「Love On The Left Bank」と比較されます。本書は初版から25年が経過した現在でも、読者を激しく突き刺す魅力を持っています。

今回のシュタイドル社による再版では、オリジナル・ネガを新たにスキャンし、また同社のプリント技術によりいままで以上のニュアンスと細部を再現に成功しています。ハードカバー: 80ページ、サイズ約 23 X 17cm、約 62点の図版を収録。