The Decisive Moment

Steidl; Pck Slp Ha版, 2014

Henri Cartier-Bresson(アンリ・カルティエ=ブレッソン)


アンリ・カルティエ=ブレッソン(1908-2004)は、20世紀を代表するフランス人写真家です。彼は長いキャリアを通して数多くのフォトブックを発表しています。
その中でも最も有名なのが、1952年にEditions Verve(パリ)とSimon and Schuster(ニューヨーク)により共同で出版された"Images a la Sauvette(The Decisive Moment)"。日本では"決定的瞬間"と訳されています。それ以降は、作品の全要素の最高フォルムの瞬間を写真フレームの中に絶妙に収めて完璧な写真を作り上げる、カルティエ=ブレッソンの写真スタイルの代名詞となっています。
収録されている写真は、カルティエ=ブレッソンのキャリア初期のベスト作品を集めたものですが、彼の写真スタイルの"決定的瞬間"をコンセプトに制作されたフォトブックだと認識されています。カバーは画家のヘンリ・マチスによる美しいコレージュで装飾されており、本自体の装丁も非常に高い評価を受けています。また本書は、ロバート・フランクをはじめ、その後の多くの世代の写真家に多大な影響を与えたことでも知られています。

本書はレアブック市場で非常に高額に取引されているフォトブック史上の不朽の名作を、オリジナルに忠実に再現した待望の再版です。フランスのポンピドゥー・センターのキュレーターであるクレモン・シャロー(Clement Cheroux)による、同書の歴史に関するエッセー"A bible for photographers"が収録されたブックレットも付いています。

ハードカバー(スリップ・ケース入り)、約160ページ(ブックレット48ページ)、サイズ 27.4 x 37 cm、モノクロ約127点を収録。

カルティエ=ブレッソン プロフィール